【感動】Ankerのケーブルホルダーがオススメすぎる|テレワーク・在宅勤務

最近テレワークの影響もあり、デスク上にケーブルが増えてきました。

  • 業務用PCの充電ケーブル
  • MacBookの充電ケーブル
  • ディスプレイのHDMIケーブル

などなど

 

今回は、そんな卓上のケーブル類をスッキリできる魔法ようなアイテムをご紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • 卓上のケーブルをスッキリしたい
  • ケーブルホルダーのオススメが色々あって絞れない
  • Ankerのケーブルホルダーが気になる

 

全デスクワーカーにオススメしたいAnkerのマグネット式ケーブルホルダー

今回ご紹介したい商品はAnkerのマグネット式ケーブルホルダーです。

 

使用方法は簡単で、土台のフィルムを剥がして机の好きなところに貼り、ケーブルを挟むだけなので説明書すらありません。

 

Ankerのケーブルホルダーの特徴としては、以下のものがあります。

  • マグネット式の使いやすさ
  • 簡単設置&再利用可能
  • スタイリッシュなデザイン

 

それぞれご紹介していきます。

 

特徴1. マグネット式の使いやすさ

まず注目したいのはマグネット式ケーブルホルダーの使いやすさです。

 

Anker以外から出ている製品でも当然ありますが、今回初めて利用して「ケーブルホルダーはマグネット式一択」だと確信しました。

Anker マグネット式ケーブルホルダー

Amazonより

 

「ケーブルホルダーはケーブルを単にまとめるもの」

今まではそんな認識しかありませんでしたが、マグネット式ケーブルホルダーは必要な時だけ引き出して普段は定位置にくっつけることが出き、機能性に優れています

 

また、磁力は強すぎず、弱すぎずで丁度良いです。

さらり
初めて使う方は感動すること間違いなし!

 

特徴2. 簡単設置&再利用可能

Ankerの凄いところは、ホルダーの土台の接着面です。

 

フィルムを剥がすだけでペタッと接着でき、様々な材質に対応可能です。

Anker マグネット式ケーブルホルダー

Amazonより

 

さらに、

  • 設置場所を少し右にずらしたい
  • デスクを買い替えた

そんな時でもこの商品は接着面を洗って自然乾燥させることで再度使用可能です

Anker マグネット式ケーブルホルダー

Amazonより

 

さらり
接着タイプなのに材質も傷つかず、簡単に設置場所を変更できるのは素晴らしい技術力ですね。

 

特徴3. スタイリッシュなデザイン

ここは好みになってしまいますが、Anker製品は無駄なくスタイリッシュなデザインが多い印象です。

 

個人的にはこのケーブルホルダーのデザインも好きですが、人によってはデスクに合わせたデザインの方がお好みかも知れません。

そんな方にはこちらの商品もオススメです。

 

唯一のデメリット. 垂直での使用は推奨されない

今回紹介したAnkerのケーブルホルダー唯一とも言えるデメリットは垂直での使用が推奨されていないことです。

 

  • 本製品は木製や大理石製、金属製やガラス製等の凹凸の無い面にご利用いただくことができます。(壁などの床面に対し垂直な面へのご利用はお控えください)

Amazonより引用

 

推奨されていないだけで利用できそうな気もしますが、側面に設置することでより机をスッキリさせたい方はこちらの商品もオススメです。

 

まとめ:デスク上のケーブルをスッキリさせるための最適解

以上、Ankerのマグネット式ケーブルホルダーをご紹介しました。

 

デザインや用途に合わせて他の商品も紹介しましたが、ケーブルホルダーの最適解は今回紹介したAnkerの商品だと思います。

 

ちなみに私のデスク周りで使用したbefore afterはこちらです。

 

before

 

after

 

ちょっとした違いですが、デスクの上がスッキリしていると心なしか頭もスッキリするような気がします!

 

デスク上のケーブル周りが少しでも気になる方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

※ちなみに今回紹介した商品はサクラチェッカーを使って合格だったもののみです。

【Amazonサクラレビュー】今まで買ったものをサクラチェッカーで調べてみた

あわせて読みたい
【Amazonサクラレビュー】今まで買ったものをサクラチェッカーで調べてみた Amazonで商品を購入するとき、レビューを参考にする方は多いと思います。   しかし参考にしているそのレビュー、実はサクラかもしれません。 今回はレビューがサク...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いします!

コメント

コメントする