【Google Photo】 有料化はいつから? 無制限終了後はどうする? 代わりのサービスをご紹介!

2021年5月31日でGoogle Photoの無制限アップロードが終了します。

 

Google アカウントの保存容量について

各 Google アカウントには、Gmail、Google ドライブ、Google フォトで使用できる 15 GB の保存容量が無料で提供されます。Google One メンバーシップを購入すると(お住まいの地域で提供されている場合)、保存容量を追加できます。特別なプロモーションや関連サービスのご購入により、追加の保存容量が無料で提供されることもあります。保存容量について詳しくは、容量を使用するアイテムをご覧ください。

Google アカウント保存容量への影響

2021年5月31日まで

次のアイテムが保存容量にカウントされます。

  • Google フォトにバックアップされている元の画質の写真と動画
  • Gmail のメールと添付ファイル([迷惑メール] と [ゴミ箱] フォルダ内のアイテムを含む)
  • Gmail のメールと添付ファイル([迷惑メール] と [ゴミ箱] フォルダ内のアイテムを含む)

保存容量を超えている場合

  • 新しいファイルや画像を Google ドライブにアップロードできなくなります
  • 元の画質の写真や動画を Google フォトにバックアップできません
  • Gmail でのメールの送受信機能が影響を受ける可能性があります
  • Google アカウントへのログインとアクセスは引き続き可能です

2021年6月以降

次のアイテムも保存容量にカウントされるようになります。

  • 2021 年 6 月 1 日以降に Google フォトにバックアップされた高画質およびエクスプレス画質の写真と動画。この変更について詳しくはこちらをご覧ください。
  • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画、フォーム、Jamboard などの共同編集用コンテンツ作成アプリで作成または編集したファイル。
    • 保存容量にカウントされるのは、2021 年 6 月 1 日以降に作成または編集されたファイルのみです。
    • 2021 年 6 月 1 日より前にアップロードまたは編集されたファイルは、保存容量にはカウントされません。

引用|Google

 

今回は、

  • Google Photoの有料化に伴う影響
  • 空き容量の確認方法
  • 代替案としてオススメのサービス

 

についてご紹介します。

 

結論としては、Amazon Photoがベストです。

 

[st_af name=”introduce”]

 

Google Photo有料化の影響

先ほど紹介したGoogleの案内を簡潔にまとめてみました。

  • 今までは高画質画像とエクスプレス画像は無制限で保存できたが、6月から容量としてカウントされる(15GBまで)
  • 容量を超えてしまうと新たな画像をアップロードすることが出来ない
  • Gmailの送受信にも影響を与える場合がある
  • 保存容量を超過した状態が2年間続くと、コンテンツが削除される場合がある

 

それぞれについて詳しくみていきます。

 

高画質画像とエクスプレス画像が6月から容量としてカウントされる(15GBまで)

そもそも高画質とエクスプレス画像については以下のような違いがあります。

  • 高画質 ⇨ 写真のアップロード後、Googleのサーバー側で圧縮している
  • エクスプレス画質 ⇨ アップロードする前に圧縮してファイルサイズ小さくする

 

画像をGoogleにアップロードすると当然Googleのサーバーの容量がどんどん減っていきます。

元のサイズだとGoogleのサーバーがすぐに一杯になってしまうので、

「内部で圧縮されている状態(高画質)なら容量無制限で良いよ。」

というのが今までのGoogle Photoでした。

 

それが6月から

Googleサービス全体で15GBの容量あげてるんだからそこで全部やりくりしてね。

に変わりました。

 

※ちなみにエクスプレス画質は、ネットインフラが整っていない国のためにある画質であり、日本では利用できないので関係ありません

 

容量を超えてしまうと新たな画像をアップロードすることが出来ない

6月1日からはこの15GBという容量を超えてしまうとそれ以上画像をアップロード出来なくなります

また、容量はGoogleサービスで共通のため、15GBフルの状態にしてしまうと新たなGmailが届かない場合もあります

 

さらり
そのため、各自で容量対策をする必要が出てきました。

 

保存容量を超過した状態が2年間続くと、コンテンツが削除される場合がある

保存容量が一杯の状態で2年以上放置してしまうと、コンテンツが全て削除される可能性があります。

 

当然事前に連絡は来るようですが、大切なメールや写真が消えるのは辛いですよね。

 

自分の容量はどれくらい持つか確認する方法

今のペースで使い続けていると、容量はいつ頃無くなるのかは「使用状況に基づく見積もり機能」というもので確認可能です。

 

 

人によってはまだ余裕があるかもしれませんが、早めに対策をしておくと安心です。

 

Google Photo有料化の対策・代替案

 

それでは具体的にどうすれば良いのか、対策や代替案をご紹介します。

 

有料化の対策・代替案①Google Photoの容量を増やす

Googleのサービスを利用している方は多いと思いますし、Google Photoも個人的にかなり使いやすい機能ではありました。

 

そのままサービスを継続したい。けど容量は心配。

という方は、シンプルに容量を増やす方法があります。

 

Google One アップグレード

 

料金は以下の通りです。

  • 100GB ⇨ 月額250円 / 年額2,500円
  • 200GB ⇨ 月額380円 / 年額3,800円
  • 2TB ⇨ 月額1,300円 / 年額13,000円

 

さらり
容量が上がるにつれ、お得にはなっています。

 

もしこちらを利用する場合は、月額より年額の方がわずかに安いです。

 

有料化の対策・代替案②Pixel製品を利用する

現状、Google製スマホである、

  • 「Pixel 2」
  • 「Pixel 3」
  • 「Pixel 4」
  • 「Pixel 5」

から高画質でアップロードした写真は、引き続き無料で容量無制限で保存出来ます

 

このためにスマホを乗り換えるのはナンセンスかと思いますが、写真だけPixelで管理というスタイルはありかもしれません。

 

有料化の対策・代替案③他のサービスに切り替える

これを機にGoogle以外のサービスに切り替えるのも一つの手です。というかこれがオススメです。

 

有名なオンラインストレージサービスを比較してみました。

Google Photo iCloud Amazon Photo One Drive Dropbox
無料容量 15GB
(Gmail等と合算)
5GB
(メール等と合算)
5GB
(ドライブと合算)
5GB 2GB
有料版の容量と料金 100GB / 月額250円
200GB / 月額380円
2TB / 月額1,300円
50GB / 月額130円
200GB / 月額400円
2TB / 月額1,300円
100GB / 月額250円
1TB / 月額1,300円
2TB / 月額2,500円
プライム会員は写真無制限
100GB / 月額224円
or
1TB / 月額1,284円
(Microsoft 365 Personal)
2TB / 月額1,200円
(個人向け)
2TB / 月額2,000円
(家族向け)

 

各サービスで多少金額の差はありますが、特筆すべきはAmazon Photoの「プライム会員は写真無制限」ですね。

 

月額400円、年間プランなら4,900円で

  • 写真は無制限アップロード可能
  • 動画は5GBまでアップロード可能

となっています。

 

その他のサービスも色々あって、むしろAmazon Photoがおまけなくらい充実しているので、他サービスと比べてコスパは断トツ良いです。

 

\50代のおばさんも入って満足してました/

Amazon Prime無料体験

※いつでも解約可能

 

詳しい移行方法はこちらにまとめています。

あわせて読みたい
Google PhotoからAmazon Photoへの移行方法まとめ【画像付き解説】 Google Photoの無制限アップロードが5月末で終了してしまうということで、私はAmazon Photoへ乗り換えをしました。     そんな方のために、今回はGoogle Phot...

 

また、GMOから提供されている「30days Album PRO」というサービスもオススメです。



  • 写真 ⇨ 容量無制限(アップロードは月5GBまで)
  • 動画 ⇨ 1ファイルあたり300MB / 10分以内
  • 料金 ⇨ 月額500円 / 年額3,600円

 

年間プランにすれば月額300円で写真を無制限にアップロード可能です。

 

さらり
最安値で写真を無制限保存したい場合にオススメです。



 

まとめ:Google Photoからの引越しはAmazon Photoへ

以上、Google Photo有料化と、その対策についてまとめました。

 

個人的にはその他のメリットがデカすぎるAmazon Photoがオススメですが、それぞれに合った方法で大切な写真を守りましょう!

 

あわせて読みたい
Google PhotoからAmazon Photoへの移行方法まとめ【画像付き解説】 Google Photoの無制限アップロードが5月末で終了してしまうということで、私はAmazon Photoへ乗り換えをしました。     そんな方のために、今回はGoogle Phot...

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いします!