【完全版】一人暮らしの初期費用を抑える方法まとめ【知らなきゃ損】

2月〜4月ごろにかけて、新生活に向けた部屋探しが最も多くなる時期ですね。

今回は、引っ越し経験10回以上の私が一人暮らしの部屋探しで初期費用を抑える方法をまとめたいと思います。

 

賃貸契約時の初期費用は、意外にぼったくられている可能性もあります

この記事さえ読めば大丈夫」というレベルまで情報を集約したので、ぜひこの記事を読んで初期費用を少しでも抑えてください。

 

前提知識:初期費用の内訳と仲介業者について

まず初めに、賃貸契約の初期費用や仲介業者に関する前提知識を確認します。

 

初期費用一覧

契約時にかかる初期費用の一覧です。

項目 概要 平均
敷金 大家に支払う預け金。家賃滞納時や退去費用で精算され、残額は退去時に返金される 家賃の1~2ヶ月分
礼金 大家に支払う謝礼金。慣習によるもので法的根拠は無い 家賃の0~2ヶ月分
家賃 契約月と翌月分の家賃が契約時に必要な場合が多い。 家賃の1ヶ月 + 日割り分
共益費 家賃と同様。 物件による
仲介手数料 仲介業者に支払う手数料。 家賃の0.5~1ヶ月分 + 消費税
火災保険料 火災保険の加入が入居条件になっていることが多い。入居者で好きな保険を選ぶことも可能 15,000円~20,000円
鍵交換代 防犯上の理由で基本的に推奨 or 必須となる。 10,000~20,000円
町会費 地域による。 0~1,000円
(家賃)保証料  家賃の保証会社を利用する場合に必要。 家賃の20%~100%
消毒代 害虫対策など。殆ど何もされないこともある 15,000~20,000円
安心サポート 何かあったときの24時間サポートで仲介業者と連携していることが多い。 500~2,000円
クリーニング代 基本的に退去時にかかるが、稀に初期費用に含まれる場合もあり。退去時との2重支払いに注意 30,000円〜40,000円(1K, 1Rの目安)

※引っ越し代は今回対象外として別記事でまとめる予定です。

 

赤字の項目はほぼ必須ですが、それ以外の項目は交渉 or 無くせる可能性が高いです。

後ほど詳しく解説しますが、よく分からない費用や相場より異常に高い費用には仲介業者の中抜きに要注意です。

 

仲介業者は大手でも信用してはならない

当然善良な仲介業者もありますが、大手でもフランチャイズ契約等で悪質な仲介業者はいます

  • 本来必要の無い礼金を請求する
  • クリーニング代を2重請求する
  • 殆ど効果の無い消毒代を請求する
  • 任意の項目でも「基本皆さん入られているので」などと言って強引に加える
  • etc…

 

もちろん仲介業者も利益を出す必要があるので、出来るだけ取れるところは取りたいのが本音だと思います。

逆にこちらが知っていれば、払わなくて済むものもあるので、しっかり知識を身につけましょう。

 

部屋は基本どの仲介業者からも借りられる

意外に知らない方も多いと思いますが、基本的にどの仲介業者からも同じ部屋を契約することができます

(ごく一部例外あり)

 

不動産情報はレインズというものに登録され、そこから仲介業者が検索してHP等に載せていることが多く、

ある不動産に対して専任の仲介業者がついていることはほとんどありません。

 

つまり仲介業者によって値段が変わる部分は、相見積もりを取ることで初期費用を最安にすることが可能です。

 

賃貸の初期費用を抑える具体的方法

それでは具体的に初期費用を抑える方法をご紹介していきます。

 

方法①相見積もりを取る

これが一番効果のある方法です。

 

具体的には、

  1. 気になった物件に対して仲介業者Aで初期費用の見積もりを出してもらう
  2. 他の不動産に対して、見積もりを送って仲介業者Aより安くならないか確認する
  3. 一番安い仲介業者を選ぶ

といった手順です。

この方法だと目安となる仲介業者Aの価格があるので、他の仲介業者が少しでも下げてくれる可能性が高くなります。

 

上記手順が面倒な方は、最初から複数の不動産会社に問い合わせを送ることもできます。

例)LIFULL HOME’Sの場合

 

また、yeahというサービスを使って、最安値の仲介業者を探すことも可能です。

http://www.yeahdb.com/

(繁忙期等、比較に時間がかかる場合もあるので余裕を持って問い合わせをしましょう。)

 

方法②仲介手数料無料物件で探す

先ほど紹介した初期費用一覧の項目で比較的金額が大きく、抑えられる可能性が高い項目は仲介手数料です。

さらり

それならば最初から仲介手数料が無い物件を探そう。

という視点で物件を探すのもありです。

 

物件はかなり数が多いので、最初から仲介手数料無料で絞ることでより選びやすくなるかもしれません。

 

仲介手数料無料物件は下記サイト等で検索できます。

 

方法③仲介業者に直接交渉

3つ目の方法としては、見積もりを出してもらった仲介業者に対して、初期費用の交渉を行うものです。

 

さらり
交渉って難しそう。。。

と思われる方もいるかもしれませんが、項目によっては非常にあっさりと外すことが可能です

 

下記にランキング形式で交渉すべき項目をまとめて見ました。

 

第1位:消毒・害虫駆除代

交渉難易度・・・ お得度・・・

 

最初の表でも紹介しましたが、消毒代って請求に含まれていても実質何をしているか分かりませんよね?

 

内容としてはファブリーズのような小型の機械で数回スプレーするだけで、1Kの部屋だと数分で終わるものです。

ひどい業者だと「消毒済み」という紙を玄関に貼るだけの場合もあるようです。

 

基本的には無くても問題ありませんし、本当に気になる場合は自分でした方が納得できます。

 

初期費用の見積もりに消毒代が入っている場合は、必ず無くすよう交渉しましょう

 

第2位:24時間安心保証サポート

交渉難易度・・・ お得度・・・

 

仲介業者によっては、24時間何かトラブルがあった場合のサポートサービスを付けてきます。

 

どんなことにも無料で対応に見せかけて、実際のところは、

  • 作業の時間によって料金が発生する
  • 24時間サポートなのに来るまで時間がかかる
  • 正直大した内容ではない

といった場合もあります。

 

何より一人暮らし8年目に突入する私ですが、業者に連絡するようなトラブルにあったことは一度もありません

何かあればスマホで検索して解決できることがほとんどだと思うので、よっぽど心配な方以外は外して大丈夫だと思います。

 

比較的金額が低いので、あまり気にせず加入する方もいると思いますが、

個人的にはこのサポートに払うなら、VODや音楽系のサブスクにお金を回した方が良いと思いました。

 

第3位:仲介手数料

交渉難易度・・・ お得度・・・

 

こちらは交渉が難しいかもしれませんが、その分お得度も高いです

先ほど紹介したように、他の仲介業者で見積もりをもらってから交渉するとうまくいく確率は高いと思います。

 

交渉が苦手な方は、先ほど紹介した方法で最初から複数の会社に問い合わせを行いましょう。

 

ココに注意

仲介手数料の上限は、貸主と借主からそれぞれ賃料の0.5ヶ月分までと宅建業法で決められています。

ただし、依頼者の承諾があればどちらか片方から賃料の1ヶ月までを受け取ることも可能です。

つまりどれだけ多くても賃料の1ヶ月分 + 消費税までですし、基本は0.5ヶ月分ということを覚えておきましょう。

 

第4位:敷金・礼金

交渉難易度・・・ お得度・・・

 

最後は敷金・礼金です。

実際交渉は難しい部分ではありますが、安く抑えることができれば一番の節約になります。

 

引越し繁忙シーズンでなければ大家も入居者を獲得したい気持ちが強いので、時期によっては交渉の余地ありです。

 

番外編①:クリーニング代

こちらは交渉というより確認すべき項目です。

 

基本的にクリーニング代は退去時に求められることが多いと思うので、

入居時に求めらる場合は本当に必要な項目なのか確認しましょう

 

中には2重で支払いを請求する悪徳業者もいるので注意が必要です。

 

番外編②:火災保険代

火災保険は必須の場合がほとんどですが、割高な保険がデフォルトの場合も多いです。

 

初期費用ではなかなか変更しづらい項目でもあるので、入居後すぐに安い保険が無いか比較することをオススメします

火災保険を後から変更しても問題になることはありませんし、違約金等も請求されることはまず無いです。

 

保険料の比較には下記サービスなどがあります。

 

方法④フリーレントの物件を探す

仲介手数料無料と似たようなものですが、一定期間家賃が無料となるフリーレントと呼ばれるものもあります。

 

家賃も初期費用を占める大きな金額となるので、ここを安く済ませることができればかなり安くなります。

LIFULL HOME’Sより)

 

 

まとめ:初期費用は相見積もりと交渉で出来るだけ安く!

以上、一人暮らしの初期費用を抑える方法についてご紹介しました。

 

一番手っ取り早く初期費用を下げられるのは、各仲介業者に相見積もりを取ることですが、

各項目に置いても、本当に必須なのか確認して不要なものは削りましょう

 

特に、

  • 消毒代
  • 安心保証サポート

は要確認です。

 

引っ越しは、他にも引っ越し費用は家具の調達、退去費用と何かとお金がかかるイベントです。

少しでも安く抑えて、他のことにお金を回せるようにしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いします!