ルームシェア可と2人入居可の違いは?審査は厳しい? ルームシェアの部屋探しで苦労した話

ルームシェア

今回はルームシェアの部屋探しについてです。

 

私がルームシェアの物件を探す際に思った、

  • 「ルームシェア可」と「2人入居可」は何が違う?
  • ルームシェアが出来る物件は少ない?
  • ルームシェアの審査は厳しい?

等の疑問にお答えいたします。

 

さらり

社会人4年目になります。

2021年3月から友人と2人でルームシェアを開始!

 

結論から申し上げると、「ルームシェア可」と「2人入居可」は一応別の条件で、ルームシェア可能物件は数が少なく審査も厳しいです。

 

この記事では実体験も交えつつ、ルームシェア可能物件を探す難しさと対策をご紹介します。

 

「ルームシェア可」と「2人入居可」の違いは?

厳密な定義は内容ですが、大まかに分類すると、

  • ルームシェア可 ⇨ 友人とのルームシェアも可能な物件が多い
  • 2人入居可 ⇨ 夫婦や兄弟が主な対象

となっています。

 

ルームシェア可となっていても場合によっては断られることもありますし、2人入居可の物件でも友人と借りれることもありますが、

基本的には「ルームシェア可」の物件を優先的に探すことをオススメします

 

さらり

どうしても見つからない場合は、2人入居可物件に相談しましょう。

 

カップルなら2人入居可?

今回の物件探し中に仲介業者の方に聞きましたが、例えカップルでも婚約していなければ友人と同じ扱いになるようです。

カップルの方でもルームシェア可能物件を積極的に探しましょう。

 

そもそもルームシェアって?

ルームシェア

ついでに部屋の利用形態別の呼び名をまとめてみました。

  • 1人で全ての専有スペースを使う:普通賃貸
  • 複数人で全ての専有スペースを使う:ルームシェア
  • 1人で居室の専有スペースを使う:シェアハウス
  • 複数人で居室の専有スペースを使う:ドミトリーハウス

 

一般的な賃貸を思い浮かべて、その部屋を複数人でシェアする形態が文字通りルームシェアです。

 

それに対してシェアハウスやドミトリーハウスは1つの部屋に対して契約するイメージですね。

 

ルームシェア可能物件は非常に少ない

最初から「ルームシェア可」と書かれている物件は非常に少ないです。

 

こちらはホームズで条件を「東京23区全て」にした物件数です。

ホームズ部屋探し

さすが首都東京。16万件以上の物件があります。

 

そしてこちらが先程の条件に「ルームシェア可」を追加しただけの対象物件数です。

ホームズ ルームシェア可

 

16万件⇨5,800件まで減ってしまいました。

 

当然ここから家賃やエリア、間取りを絞っていくと更に少なくなります。

 

ちなみに私と友人は、お互いに良いと思った物件を複数持ち寄り、プレゼンを行いましたが、

さらり

今回オススメしたいのがこちらの物k、、、

あれ、リンク切れてる。もう無くなったのかな。

友人

俺が紹介しようと思ってた物件もいくつか掲載終了してるわ。

さらり

物件探し始めたの2日前だよね?

というような状況で、良いと思っていた物件は異常な早さで埋まっていきました

 

ただでさえ物件数が少ないので、特に繁忙期はスピーディーに探すことをオススメします。

ねりなか リンク

ルームシェア可能物件が少ない理由

なぜルームシェア可の物件はここまで少ないのか。

 

大家さん目線で考えると以下のような理由があります。

 

理由1. 早急 or 突発的な退去が多い

突発的な退去

1番の理由がこちらのようです。

 

友人とルームシェアをする場合、喧嘩が理由で退去する可能性が夫婦や兄弟と比べて圧倒的に高いです。

 

また、片方が結婚や転職で引越しせざるをない場合、

もう片方が2人分の家賃を払うのは通常厳しいので、退去される確率が1人暮らしの2倍あります。

 

大家さんとしては当然長く住んでもらったほうが得ですし、逆に早期の退職は空室リスクを抱えることになります。

 

そのため、長期の入居がなかなか見込めないルームシェアは敬遠されがちです。

 

理由2. うるさくなりがち

友達がルームシェアをしていると聞いたら、別の友達が「楽しそう!」と思って遊びに来ることもありますよね。

人数が多くなるとその分騒がしくなるため、近隣からのクレームが出る可能性も高まります。

 

学生ばかりの建物ならお互い様で多少目を瞑ることもあるかも知れませんが、

ルームシェア可能な建物は夫婦やご家族で住んでいる方も多いです。

 

騒音騒ぎで他の部屋まで空室になってしまっては大家さんとしてはたまったものではありません。

 

理由3. 責任の所在が分かりにくい

責任の所在

例えば退去時等で原状回復の費用が発生した場合、契約方法によってはどちらに請求すべきか分かりにくいケースもあります。

 

退去後に残地物が発見した場合も所有者が不明確ですよね。

 

 

こうしたトラブルが発生する可能性があるので大家さんとしては、出来るだけルームシェア可として貸したくないようです。



ルームシェアは審査が厳しい?

どの不動産仲介業者に聞いても同じ答えで、ルームシェアは審査が厳しいです。

理由は先程とほとんど同じですが、やはり金銭的理由が大きいですね。

 

そのため、

  • 職業
  • 収入
  • 保証人

については通常より厳しく見られると思いましょう。

 

またルームシェアの人数は多い方がより入居が難しくなります。

 

審査で引っかかりやすいポイント

審査で引っかかりやすいポイントとしては以下のようなものが挙げられます。

 

1.収入に対して家賃が高い

収入に対してあまりに家賃が高いと、

本当に払えるの?

という目線で審査に落ちる可能性が高くなります。

 

対策

一般的には家賃は手取りの1/3が望ましいと言われているので、その金額を超えない物件で探してみましょう。

1/4まで抑えられると家計も非常に楽になります。

 

2. クレジットカード等の滞納履歴がある

クレジットカードの支払い等で滞納履歴がある人は、その情報が必ず記録されています。

1回程度ならあまり影響無いことが多いようですが、数回もあるとかなり審査は難しいです。

 

対策

対策出来ることはほとんどありませんが、一般的に滞納等の情報は5~10年で削除されます。

また、全ての審査が同じ基準で行われている訳では無いので、さまざまな物件をひたすら申し込めば通る物件もあるかも知れません。

 

3.職業が不安定

自営業等で収入が不安定な場合、審査に落ちやすいこともあるようです。

 

対策

  • 自分の職業が不安定な場合は、保証人に安定した職業の人を立てる。
  • 保証会社を利用する

などの対策があります。

 

ルームシェアの場合、契約形態も「連名契約」「代表者のみ契約」などがあるので仲介業者に相談しましょう。

 

4. 気休め程度の”性格・態度”

店舗への来店時等で態度が悪いと審査に影響があると書かれているのを良くみかけますが、

契約者の性格が審査に及ぼす影響はそんなに大きく無いとのことでした。

 

しかし、だからと言って横暴な態度を取るのはよく無いので、常識の範囲内で仲介業者と関わりましょう。

 

審査の期間について

通常の賃貸の場合、審査は2〜3日で終わることが多いですが、ルームシェアの場合は1週間ほどかかる場合もあります

 

さらり

実際に私も1週間ほどかかりました。

 

審査中は特に出来ることもありませんが、万が一落ちた場合を考えて他の物件候補を探しておくと安心です。

 

まとめ:ルームシェア可能な物件は少ないし、審査も厳しい

厳しい

以上、ルームシェア可能な物件の部屋探しについてまとめました。

物件数は少ないですし、審査も厳しいですが諦めずに探せばきっと良い物件に巡り会えると思います。

 

ちなみに私たちは「保証会社を利用する方法が最も審査が通りやすいだろう」とのことで、

保証会社を利用して審査を行い、無事希望の物件に入居することができました。

 

楽しいルームシェア生活を送れるよう、まずは部屋探しを頑張りましょう!

 

審査が厳しい、、、

審査が厳しくて心が折れそう…

初期費用を出来る限り抑えたい…

そんな方にはビレッジハウスもオススメです。

  • クレジットカードの滞納履歴がある
  • 現在職業についていない
  • アルバイト・フリーター
  • 外国籍の方 etc…

一般的に審査が厳しい方でも、ビレッジハウスなら通る可能性が高いです。

 

さらにビレッジハウスは、

  • 敷金なし
  • 礼金なし
  • 仲介手数料なし
  • フリーレント1ヶ月

など、初期費用が非常に安いことも魅力です。

 

 

また、3/10現在、ビレッジハウスでは最大3万円分の引っ越しサポートをキャンペーンを行っています。

ビレッジハウスキャンペーン

 

人気のためか物件数はあまり多くありませんが、もし気に入った物件があれば恐らく最安値で入居可能です。

物件探し中の方はぜひ一度目を通してみてください。

ビレッジハウス

敷金・礼金・仲介手数料無料

\ 早いもの勝ち /

ルームシェア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いします!